検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

グリーン住宅ポイント制度創設

最終更新: 1月27日



 新型コロナウィルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るために、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォーム等に対して、商品や追加工事に利用できる「グリーン住宅ポイント制度」が創設されます。

 以前にも、「住宅エコポイント制度」がありましたが、同じような制度が運用開始されるようです。期間は令和2年12月15日~令和3年10月31日までに契約の締結をした住宅が対象で、新築工事で最大40万円、リフォームで最大30万円のポイントが付与されます。


 マンションのリフォームで考えた場合、サッシをペアガラスに交換したり、インナーサッシを取り付けたり、節水型トイレや節水型水栓に交換した場合にポイントが付与されます。溜まったポイントで、さらに追加でリフォーム工事を行うことも可能です。


 国はこの「グリーン住宅ポイント制度」以外にも、住宅ローン減税の期間を13年間に延長したり、住まい給付金を50万円に増額したり、住宅取得のための贈与非課税枠を1500万円に増額したりと、さまざまな施策で住宅取得の補助制度を拡充しています。


 これら以外にも、東京圏から移住する場合や、若い世代や子育て世代、既存住宅を購入してリフォームする場合等には、「グリーン住宅ポイント」のポイント増額をはかるなど、様々な施策を重ね、若者の地方移住を促進しているようにも見えます。


 住宅の新築や、中古住宅を買ってリフォームする人、地方への移住を検討している若い世代にとっては、令和3年秋までが住宅取得の絶好の機会かもしれません。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示