• 快適マンションパートナーズ 石田

コンセプトマンション

更新日:2月24日



 賃貸マンション等で多いですが、ある特定の入居者をターゲットにマンションを企画することがあります。分譲マンションでも、良くあるのが「子育て」をテーマにしたマンションです。

 この様に入居者ターゲットを絞ってつくるマンションをコンセプトマンションと呼びます。今回はコンセプトマンションの実例をいくつか紹介したいと思います。


ミュージション

 ミュージションとは「ミュージックとマンション」を掛け合わせた造語で、防音性を高め、部屋の中で自由に楽器の演奏が出来るマンションです。サッシを二重窓にしたり、床をコンクリートの浮き床にしたり、居室のドアや換気ガラリも防音仕様にしたりと、建築コストはかかりますが、音大生とかには人気で、音大の近くに賃貸マンションとして作られることもあります。

 マンションでは苦情の多い騒音対策を徹底したマンションです。建築コストは上がりますが、ファミリーマンションでも下記のような仕様を標準化してくれれば、入居者の満足度は一気に上がると思います。



ライダーズマンション

 ライダーズマンションは、オートバイ好きを対象としたマンションで、オートバイ収納用の専用のガレージを設置したり、大型エレベーターを採用し、オートバイを住まいの中まで持ってこれるように工夫したマンションもあります。またオートバイ整備のためのガレージを用意したようなマンションもあります。



 会社員時代に一般の人にコンセプトマンションを募集したときに応募のあったのは、犬好きの人が集まる「ワンション」でした。大型の犬が飼えたり、敷地内にドックランがあったり、極め付きはマンションの屋上に、愛犬のお墓もあるという企画でした。その他にも、ネットで見ると、鉄道オタク向けのマンション企画等もあります。


 今だと、キャンプ好きやネットゲーマー向け・在宅勤務向けマンション等の企画が流行るかもしれません。また、大型のファミリーマンションでは、共用部にこれらの要素の施設をいくつか設置することで、他社との差別化を図っているマンションもあります。私がかつて見学したマンションでは、マンション内に英語しか話さない幼稚園を設置した子育てマンションもありました。

 マンションの売れ行きが悪くなると、これら特定の居住者をターゲットとしたマンションが建築されます。同じような嗜好を持った人が集まって住むマンションは楽しそうだと思います。


閲覧数:9回0件のコメント