検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

ホームインスペクションとは?

最終更新: 2020年9月3日



 今回はホームインスペクションについてのお話です。

 ホームインスペクションとは、日本語に訳すと住宅診断という意味であり、ホームインスペクター(住宅診断士)が、建築の専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、アドバイスを行う業務です。

諸外国の状況

 日本は諸外国に比べて中古住宅の流通量が少なく、その理由の中に、「欠陥が見つかると困る」などの構造や性能に対する不安感が主な要因としてあげられています。その解決方法としてホームインスペクション制度が創設されました。

 中古住宅の流通が盛んなアメリカでは、取引全体の7割から9割でホームインスペクションが活用されています。

宅建業法の改正

 これらの結果を受けて、平成30年に宅建業法(宅地建物取引業法)が改正されました。今回の改正の目的としては下記2つがあげられています。

・ 専門家による建物状況調査(インスペクション)の活用の促進と普及

・ 建物状況調査の結果を活用した既存住宅売買瑕疵保険への加入促進

 これまで、既存住宅(中古住宅)については、その状況や価値を客観的に評価する公的な制度はありませんでした。 今後、インスペクションを実施した既存住宅については、専門家が客観的に良否を評価することとなり、瑕疵保険の付保も可能なので、消費者(買主)の安心感につながると期待されています。

 今回の改正では、インスペクションの説明と斡旋に関して、宅建業者が売買に際して、売主、買主両方に説明することが義務付けられましたが、インスペクションを実施するか否かについては売買当事者の任意となっています。

 インスペクションは、売主が、中古住宅の市場価値を高めるため、費用を負担して実施する場合と、買主が、安心して購入できるよう、費用負担して実施する場合があるということです。 インスペクションが実施された場合は、売買契約時に、売主・買主がその内容を確認し、宅建業者から双方に書面を交付することが、法律で義務づけられています。

 インスペクションは、国の登録を受けた既存建物状況調査技術者講習を修了した建築士(既存住宅状況調査技術者)が行います。

 マンションでも、中古マンションを購入してリノベーションを行い住む若い人が増えてきています。その場合には、ホームインスペクションの活用をお勧めします。また、中古マンションを販売する不動産会社にとっても、ホームインスペクション実施済のマンションは、他社との差別化につながると思います。

 快適マンションパートナーズでは、マンションのホームインスペクションについても、お手伝いさせていただきます。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示