検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

マイコンガスメーター

最終更新: 2月5日



 会社員時代に会社のコールセンターに問い合わせが多かった項目に、「ガスの火が付かなくなった。」という問い合わせがあります。

 最近のガスメーターは、マイコンガスメーターというメーターになっており、震度5以上の地震の揺れや、長時間のガス使用・配管の破損によるガス圧力低下や大量使用を感知すると、ガスの供給を遮断する機能がついています。

 私もお風呂のお湯を止めたつもりが、蛇口が完全に閉まっておらず、朝まで微量なお湯が出ており、マイコンガスメーターの作動によって、朝にガスコンロがつかなくなった経験があります。マイコンガスメーターのことを知っていたので、すぐに復旧できましたが、知らない人は機器が故障したのかと慌てるのではないでしょうか?


マイコンガスメーターの作動確認

 ガスが使えなくなったときには、メーターボックス内にあるガスメーターを確認しましょう。メーターの表示ランプが赤く点滅していたら、マイコンガスメーターが作動して、ガスが遮断されていますので、復旧操作をする必要があります。


復旧手順

お湯の蛇口を閉める、ガスコンロのつまみを戻す、ガスコックを閉める等して、まずはガスが出ないようにしてください。(ガスメーターの元栓は閉めない)

ガスメーターの左上にある復旧ボタンのキャップをはずし、復旧ボタンを奥までしっかり押します。表示ランプが点灯したら、キャップを元に戻します。

約3分間待ちます。マイコンガスメーターがガス漏れがないか確認しています。3分経過後にガスメーターを確認し、赤ランプの点滅が消えていれば、ガスは使用可能です。

※復旧手順はガスメーターに記載されています。


 マンションでは、マイコンガスメーター以外にも、キッチンにガス漏れ警報器等が設置され、ガスに対する安全性が確保されています。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示