検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

ラクセスシステム

最終更新: 2月12日



 美和ロックにラクセスシステムという非接触の入退館システムがあります。オートロックのマンションでは、入室時に集合インターホンの鍵穴に鍵を差し込む必要や、暗証番号で開錠する必要があったのですが、ラクセスシステムでは、カバンやポケットの中に発信機(ラクセスタグ)があれば、自動でオートドアが開閉します。もう少し安価なシステムでは、ノンタッチタグをリーダーにかざすことで開錠するシステムも販売されています。大人はラクセスタグで、子供はノンタッチタグでと、併用して使うことも可能です。キー操作が不要なので、両手に荷物をもっていても、簡単に入室出来ます。また、コロナ過の中、集合玄関機にも触れる必要もなく、衛生的です。


 車のドアの開錠も、昔はキーを鍵穴に差し込んで開錠していたのが、リモコンキーになり、最新のシステムでは、鍵をポケット等に入れておけば、ノブに触るだけで、開閉が出来るようになってきました。マンションの入退館システムも同じように進化しています。


 顔認証によるオートロックの開錠システムも普及していますが、コロナ対策でマスクを付けるようになると、認識しません。また、カメラの前で立ち止まる必要がある等、性能はまだ今ひとつといった感じです。


 ラクセスシステムはインターホンや宅配ロッカー・エレベーター・各戸玄関ドアとの連動が可能です。宅配便が宅配ロッカーに届いている時には、入館時に集合インターホンから音声で宅配が届いていることが告げられ、宅配ロッカーの開閉も、ラクセスタグで開錠できます。

 また、エレベーターと連動させれば、行き先階のボタンを押さなくても、自動で自分の部屋の階まで運んでくれます。また、玄関ドアも、電気錠に変更すれば、鍵穴に鍵を差し込まなくても、玄関ドアの開錠ができます。


 私が今乗っている車も鍵は持っているだけで、ドアノブ操作やスタートボタンを押すだけでエンジンがかかり運転ができます。もう昔のキーを差し込んで運転することは考えられません。一度、便利な生活を体験すると昔の生活には戻れないものです。


 コロナ過の中、非接触のニーズは色々なところで普及しそうな感じです。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示