検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

大規模修繕工事でコンサルタントを採用する理由は?

最終更新: 2020年8月17日



 今回は、大規模修繕工事でコンサルタントを採用する理由についてお話したいと思います。マンションの大規模修繕工事が世の中に広く認知され、増えてくるに伴い、大規模修繕コンサルタントに業務を依頼する管理組合も増えてきました。その主な理由は、下記の3点です。

その1、公平性の確保

 大規模修繕工事を行うためには、工事費として、数千万円から億のお金が必要です。管理組合が最も気を使うのが公平性の確保です。特に業者選定にあたっての、見積もり依頼先業者の決定や、発注業者の選定に、第三者として大規模修繕コンサルタントやマンション管理士が関与し、アドバイスすることで、組合員から見ても、公平に業者決定が行われているという証になります。

その2、業務の軽減

 いざ大規模修繕工事を行うにあたって、事前にどのような準備が必要で、どのように実施していくのか?一般の組合員にはなかなか分かりません。経験豊富な大規模修繕コンサルタントに依頼することで、何をいつまでに行う必要があるのか?適格なアドバイスがもらえます。

 また修繕委員会が立ち上がっても、建物診断の実施や、見積り数量の算出、改修仕様書の作成、バリューアップ項目の決定、施工中の施工監理、工事完了後の長期修繕計画の見直し等、管理組合が行う業務は多々あります。日中、自分の仕事を行っている組合員が、夜間や休日にこれらの業務を行うには、非常な労力が必要です。大規模修繕コンサルタントに業務を依頼することで、それらの作業を軽減させることが出来ます。

その3、施工業者との折衝

 建築のプロである施工業者と、一般の人々との間には、建築に関する知識には大きな差があります。工事中に作業員が行っている施工方法が問題ないのか?手抜きはないのか?品質は確保されているのか?一級建築士や1級建築施工管理技士の資格を持ったコンサルタントであれば、適格な判断を行えるため、施工品質の確保が保たれます。

 管理会社主導方式の場合でも、施工監理業務のみを大規模修繕コンサルタントに依頼することで、手抜き工事を防ぎ、品質の確保を行うことが可能です。

 大規模修繕工事は15年前後に1回の工事であり、修繕積立金を取り崩して工事をおこなうため、無駄遣いや、粗悪な工事は許されません。是非、建築のプロであり、管理組合の味方となってくれる大規模修繕コンサルタントをご活用ください。

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示