• 快適マンションパートナーズ 石田

大規模修繕工事中に、リフォーム相談会の開催



 2回目の大規模修繕工事は建築後30年前後で実施されますが、修繕委員の人と話していると、住戸内のトイレや洗面化粧台・浴室を交換したいとの要望も良く聞かれます。建築後20年超を過ぎると、共用部分だけでなく、専有部分も修理や交換が必要な部分が多く出てきます。


 上記のような要望が出た場合には、管理会社や大規模修繕工事を実施する施工会社と相談して、大規模修繕工事の施工中に「リフォーム相談会」を開催することを、提案しています。


大規模修繕工事と同時に専有部のリフォーム工事を実施するメリットは

① 工事中の騒音が発生しても、大規模修繕工事と同時のため、それほど気にならない。

② エントランスホールやエレベーター内は、大規模修繕工事で既に養生されており、別途養生を行う必要がない。

③ トイレ交換や浴室交換等、同時に同じような工事を施工するため、戸別にリフォーム工事を実施するよりも安価に工事が実施できる。


等のメリットがあります。


 2回目の大規模修繕工事を実施予定の管理組合は、「リフォーム相談会」の開催も、是非検討してみてください。

閲覧数:2回0件のコメント