• 快適マンションパートナーズ 石田

好きなときに使えるワーキングルームが必要

更新日:2021年11月8日



 2021年9月21日付けの廣田信子さんの表題のブログを紹介します。


「コロナ禍の影響で、集会室にみんなで集まってワイワイおしゃべりをする…というのが難しくなりました。 高齢者の方にとっては、集会室に集まって活動ができないのは、コロナ禍の一番のネックですが、みんなでワイワイするのは、年代が違う層には実は負担だと気づいた…という話を若い世代から聞きます。

 むしろ、ワーキングスペースがほしい…と。

 コロナ禍で本格的になってきたテレワークで在宅勤務をしている方にとっては、ワーキングスペースに対する潜在的願望があります。子供がいる中での仕事は大変ですし、オンライン会議もままなりません。自宅で仕事をされていたら、お掃除等の家事もままなりません。夫婦でテレワークの大変さも聞きます。

 外で仕事ができるスペースがほしいな~と思われるのも当然です。

 そこで、当初、ベビールームして作られていたけど、今は空き室になっているところを、ワーキングルームにできないか…と言う話が出ているマンションがあります。コロナ禍では、利用するルールも厳しくならざるを得ないが、コロナが落ち着いたら、テレワークの人のために機能するように…というのです。

 最近の新規の大型マンションでは、テレワークへの対応からワーキングルーム等の設置が充実しています。あるマンションでは、「スタディルーム」を「ワーキングルーム」に使えないか…という話も出たけど、

・パソコンの音がうるさい、

・音が出るテレビ会議では使えない…

といった不都合があって難ししかった…と。

 今後は、マンションの中にあるワーキングスペースの充実が、マンションを決める場合の価値になってくるような気がします。コロナ禍で利用が減った広いラウンジの一部をワーキングスペースに変えられないかという話もあるようです。費用はかかりますが、会員登録性にして会費をとるのでもいい…と。

 また、眺めもいい空間にして、ほっとできるような仕組みにして、また、自分専用のスぺースとして使えるテレビ会議用のブースも必要です。仕事をする空間では、人はあまり話しかけないで、個人が自分のペースで仕事ができるようにする。

 でも、せっかく人が集まったのだから、ちょっとおしゃべりできる空間も必要。 お茶を入れるティ-ルーム等にそういう空間をつくる。そこで、知り合いの関係も育ちます。 そこで、管理組合やコミュニティに関することが話題になることもあります。

 テレワークの推進とワーキングスペースの充実が、新たな世界を作りだす可能性もあります。お金をかけての改装は簡単ではありませんが、コロナ禍で急速にテレワークが増えた今、マンションに新たな価値を生み出すために、ワーキングスペースの充実を考えてみるのもプラスの効果だと思います。

 サラリーマンのテレワーク化は、ものすごいチャンスだと思います。時間のやりくりもできます。早く帰って、子供たちと夕食をとって、その後、ワーキングルームで残りの仕事をする。 また、自宅で家事が大変だった方が、夜、ちょっと仕事を集中的にする。そんなスペースがあるといいと思っている家族はかなりあるはずです。

 特に、新築間もないマンションでは、急速に、その準備をした方がいいと思います。

 これからできるマンションは、必ずそのことを考えているでしょうから。

 子育て中のテレワーク世代にとっては、貴重なマンションの魅力になると思います。…と、この話は、知人と共に盛り上がりました。若いテレワーク世代ががんばってほしいな…と思いながら。

 コロナ禍は、仕事と家で豊かに生活することをいっしょにできる形を示していてくれていると考えたいです。」


 私が大規模修繕工事のコンサルタントを実施しているマンションでも、バリューアップ工事の一つとして、集会室を在宅勤務可能な部屋にすることや、無料Wi-Fiの設置等の提案をしています。改修後の維持管理方法(カギ閉め等)の難しさや、無料Wi-Fiを設置すると、子供がゲームをするためにタムロする等の懸念から、採用にはなっていませんが、キッズルーム等を設置したマンションでは、子供の利用が減ってきていることもあり、今後ワーキングスペースへの改修も広がってくるのではないでしょうか。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示