検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

屋外喫煙所の設置

最終更新: 2020年12月15日



 2020年4月から改正健康増進法が施行されました。この法律により、多くの人がいる施設・飲食店等が原則屋内喫煙禁止となりました。

 マンションでも、共用部での喫煙が禁止されたマンションも増えてきています。しかし、マンション内での一切の喫煙が禁止されるのも不便ということで、喫煙所を設け一部屋外での喫煙を認めるマンションもあります。

 今回は、今後のマンションでも必要となる施設として、屋外喫煙所設置のお話です。

パーテーションのみ設置の屋外喫煙所

 一番簡単なのは、パーテーションで周囲と分離し、灰皿を設けるタイプの屋外喫煙所です。屋根がないため、たばこの煙はそのまま大気中に排出されます。マンションの敷地が広く、たばこの煙が、マンションの住戸内に入らない離れた場所に喫煙所が設置できる場合にお勧めのタイプになります。屋根がないため、建築確認が不要で、容積率オーバー等の問題もありません。



半屋外型(パーテーション+簡易な屋根)

二つ目は、上記のパーテーションに、簡易な屋根を付けたタイプの屋外喫煙所です。出入り口を、たばこの煙が出ても住人に迷惑にならない側に設置することで、上記の屋外喫煙所よりも、マンションに近い位置に設置することが出来ます。



完全密閉型

出入口も設置し、完全密閉型の喫煙所であれば、設置場所を選びません。しかし設置コストも高く、別棟扱いで、延焼や容積率等の確認事項も多く、設置には手間暇がかかります。



まとめ

今回の改正健康増進法により、各建材メーカーから、プレハブ型の屋外喫煙所が多く発売されています。喫煙者は肩身の狭い思いをしていますが、マンション内を全面禁煙にするのであれば、考える必要のある施設かもしれません。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示