top of page
  • 快適マンションパートナーズ 石田

工事中の喫煙について



 大規模修繕工事中の職人さんの喫煙の可否について、最近のマンションでは問題になるケースが多くあります。私が施工監理した現場でも、1件は当初理事会は、全面禁煙を要望されていたのですが、施工会社からの申し入れで、作業員詰所でのみ喫煙OKとなりました。ただし詰所の換気扇は、マンション側に向けないなどの対策を取りました。

 もう1件の現場では、組合からの要望は特になかったのですが、現場では電子タバコのみを休憩所で喫煙可としていました。従来の紙巻タバコは喫煙不可で、どうしても吸いたい場合は、各自の車の中での喫煙としていました。

 私が会社員をしていた時は、マンション敷地内で一律に全面禁煙とした所、職人が休憩時間に近くのコンビニで集まって喫煙し、逆にコンビニからクレームが来たこともあります。

 また、インターホン工事等、入居者と直接接する業種の職人は、タバコを吸っていると、吐く息もタバコ臭いとのクレームがあり、全員紙巻タバコは禁止とし、電子タバコのみで、尚且つお客様の家に伺う時は、ミンティア等の口臭防止対策をしてからお部屋に伺う等の対策を徹底している会社もありました。

 電子タバコが増えて、喫茶店等でもタバコの煙が漂ってくると、クレームになるケースも増えてきています。

 新築工事と違い、お客様が住まいながら工事する大規模修繕工事では、工事中の作業員の喫煙も大きな問題です。

閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page