• 快適マンションパートナーズ 石田

汚水・雑排水・雨水



マンションの排水には「汚水・雑排水・雨水」の3つがあります。

 「汚水」とは、トイレの排水です。「雑排水」とはキッチンの排水や浴室・洗面上・洗濯機等の排水です。かつては、「汚水」のみを単独処理浄化槽で浄化し、「雑排水」はそのまま河川等に排水していました。その結果、川や海が洗剤等で汚染され、また冨栄養価で、赤潮等も発生していました。

 これらが問題となり、「汚水」と「雑排水」は、併せて合併処理浄化槽や下水として処理するようになっています。

 一方「雨水」は、雨どいを通って排水され、河川や海に排水されることが一般的です。


 最近は地球温暖化の影響で、雨水の処理が問題になってきています。従来想定していた雨量よりも大量な雨が降ることで、敷地外の公共下水の処理が間に合わず、十分な排水ができないケースが多く発生しています。マンションのバルコニーでも、雨水が充分排出されず、部屋内に漏水するケースもあるようです。私が会社員時代に設計していた基準書では、バルコニーには最低2か所以上、排水ドレンを設けることや、部屋内の高さよりも低い位置に、手摺スリットや水抜き穴を設置することで、万が一、ゴミ等で排水ドレンが詰まっても、部屋内への漏水とならないように、対策が講じられていました。


 マンションを購入するときには、バルコニーの形状や排水ドレーンの数でも、そのデベロッパーの実力がわかります。


閲覧数:7回0件のコメント