検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

理事会の開催頻度は?

最終更新: 6月14日



 理事会の開催頻度はマンションによって様々です。最近のマンションでは年4回、3か月に1回開催されることが多いようです。標準管理規約の中に、「理事長は〇か月に1回以上、職務の執行状況を理事会に報告しなければならない。」という項目があり、そこの〇か月を3か月と記載して、3か月毎に理事会を開催しているマンションが多いようです。知り合いのマンション管理士が一番最初に顧問になったマンションでは、理事会は年2回しか開かれておらず、1回目は総会閉会直後の理事の役員決定、2回目は次期総会開催前の議案書決定という話を聞いて、これでは何も決めれないと思ったものです。

 管理会社にとっては、極力理事会の開催頻度を少なくしたほうが管理の手間もかからず楽です。入居者も何もしなくても、管理会社がすべてやってくれると思っているので、理事会の開催頻度の少ないマンションが多い傾向です。


 ちなみに私の住んでいるマンションは2か月に1回、私が顧問をしているマンションは月1回の開催です。

 マンションでは管理費や駐車場代等の滞納の問題もあり、最低でも2か月に1回以上は理事会を開催するべきだと思います。


 当然、理事会の開催頻度の高いマンションほど、問題解決能力が高く、管理の質の高いマンションになっています。ちょっとした困りごとでも、理事会が主体的にかかわることで、組合員の当事者意識が高まり、自分たちで良いマンションにしようという思いが強くなります。


 開催頻度が高くなると、理事会の人たちも大変です。出席の度に商品券等で謝礼を渡すなど工夫して、皆さんの参加意識を高めていくことが重要です。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示