検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

鍵穴のメンテナンス方法

最終更新: 2020年11月2日



 今回は鍵穴のメンテナンス方法のお話です。


 ピッキングによる盗難事件が多発したことから、マンションの玄関の鍵も、ディンプルキーが一般的になってきました。従来の鍵がギザギザの鍵山で鍵穴内のピンを揃え解錠する仕組みなのに対し、ディンプルキーではキーの表面に深さや大きさの異なるディンプル(くぼみ)を設けることで、中のピンを揃える構造となっています。

 ディンプルキーは複製もし難く、またピッキングもし難く、防犯性に優れた鍵ですが、精工に作られた鍵のため、長年使っているとキーに付着したゴミが鍵穴内部に入ることで深刻なトラブルを引き起こします。鍵穴に埃が溜まり、鍵の抜き差しが出来なくなったり、鍵が廻らなくなるケースが従来の鍵より発生しやすくなっています。

潤滑スプレーは使わない

 鍵の抜き差しがし難くなった時に、クレ556のような潤滑油系スプレーを鍵穴に吹き付けると、潤滑スプレーの油で、埃が固まり、より症状がひどくなります。油系の潤滑剤(CRC・シリコンスプレー等)は絶対に使用しないでください。

最適なメンテナス方法は?

 ディンプルキーの鍵穴メンテナンス方法としては、まず掃除機で鍵穴に溜まった埃を吸い出します。パソコン用としてホームセンターで販売されているエアダスターを使用してもOKです。

 鍵のディンプル部分にも、埃が溜まっていないか、古いハブラシ等を用いて、綺麗に掃除しましょう。

 次にシリコン系の潤滑性分を配合した、ノンオイルの「鍵専用潤滑スプレー」を鍵穴に吹き込みます。噴射時間は0.5秒程度で十分ですので吹き込みすぎに注意してください。鍵を挿し込みゆっくり何度が操作して内部を慣らして完了です。鍵穴用スプレーはネット等でも販売されています。

 鍵に鉛筆の芯を削った黒鉛を擦り付けて、鍵の滑りを良くすることで解決するケースもあります。


ディンプルキーは作りが精工なため、定期的なお手入れとメンテナスが重要です。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示