検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

集会室の利用方法

最終更新: 2020年8月21日



 今回のお話は集会室の利用方法です。皆さんのマンションでは、集会室は利用されていますか?理事会の集まりに使用するくらいで、利用されていないケースがほとんどではないでしょうか?私の住むマンションでも、昼間使われているのを見たことがありません。せっかく有る施設なのに、使われていないのはもったいないですよね。今回は、その活用方法についてのお話です。

 ネットで調べてみると、有効活用しているマンションもあります。代表的なものをいくつかご紹介しましょう。


事例1:机と本棚を用意し、図書室と学習スペースとして開放

 本は入居者から不要となった本を提供してもらえばいいですね。学習スペースは子供の勉強以外でも、在宅ワークにも利用できそうです。

事例2:談話室として昼間利用

 入居者の絵や書道の展示会や、ドリップコーヒーの自販機等を設置して、談話室として利用。夏場の暑い時期にエアコンの効いた集会室で過ごしてもらうことで、熱中症の予防対策にもなります。

事例3:キッズルームとして開放

 子育て世代の多いマンションでは、昼間のキッズルームとして開放することも考えられます。下階に住戸にない集会室であれば、子供が遊んでも、上下階の音の問題もありません。お誕生日会を集会室で開催してもいいですね。

事例4:ゲストルームとして利用

 和室の集会室であれば、夜間にゲストルームとして利用もできます。お客様をマンションに招いた時に問題になるのは、夜寝る場所の確保です。宿泊だけでも利用できれば、入居者に喜ばれると思います。

事例5:外部への貸し出し

 街中のマンションであれば、外部に貸し出して収益を得ることも可能です。

 考えれば、上記以外にも活用方法がありそうですね。ポイントはあくまで入居者の交流促進や利便性アップになること、入居者が営利目的で教室を開いたりする行為は後々問題になることが多く禁止したほうが無難です。集会室の利用細則の改定を含め、理事会・総会で議論をすることをお勧めします。


 快適マンションパートナーズでは、使用細則の改定等のお手伝いもいたします。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示