• 快適マンションパートナーズ 石田

他責主義

更新日:10月5日



 何か問題があったり、上手くいかなかった時に、「○○が悪いから、こうなった。」とか、挙句の果てに「社会のせい」・「政治が悪い」等、その原因を自分ではなく、廻りの人や世の中のせいにする人がいます。そのような人のことを「他責主義」とか「他罰主義」的な人と言います。


 マンション管理の場でも、「他責主義」の人は、問題が起きたときに「管理会社が悪い」「理事長が悪い」と文句を言うばかりで、自分で解決方法を見つけようとはしません。

 ただ文句を言うばかりでは、何も変わりません。他人に嫌われるのがオチです。グチを言うエネルギーがあるのであれば、その間に自分で解決方法を考えて、理事会に提案したり、自分が理事になって、仕組みやルールを変えていくことが重要です。


 デキる組合員は問題の上手くいかない原因が自分にあると考えます。つまり原因は「自分の手の届く範囲内」ですよね。そのため、問題を解決するために積極的に考え、行動に移します。自分の行動はすぐに変えられるため、問題解決への注力も早く、実際に事態が解決に向かうのです。

 テレビの評論家であれば「他責主義」でもいいかもしれませんが、自分達の生活を良くするためには、まずは自分から率先して動くことが重要です。


閲覧数:9回0件のコメント