• 快適マンションパートナーズ 石田

ZEH(ゼッチ)マンションとは

更新日:2021年12月9日



 ZEH(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZERO ENERGY HOUSE)」の略です。


①住宅の断熱性能を高め、

②エネルギー効率の高い設備の導入で「省エネ」を図り、

③太陽光発電などで生み出す「創エネ」


でエネルギー収支を「ゼロ以下」にする住宅のことです。


 住宅の省エネ化は世界的な流れで、EUでは2020年までにすべての新築住宅をZEH化する方針を打ち出しています。アメリカでも州によっては法制化が進んでいるそうです。日本でも、2012年度からZEH支援事業(補助金制度)がスタートし、2014年には第4次エネルギー基本計画が閣議決定され「2020年までに新築する注文戸建住宅の過半数で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という政策目標が掲げられました。ZEH支援事業は、当初は新築戸建住宅を建築・購入する個人向けでしたが、2018年度からマンションなどの集合住宅も支援対象となり、2019年度には21階建て以上の超高層マンションも補助対象となりました。


 先般東京都ではマンションを含む、新築住宅に太陽光発電パネルの設置を義務化を検討する方針が示されました。地球温暖化防止のための脱炭素の流れを受け、国は2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を掲げています。新築の戸建て住宅には、太陽光パネルの設置が進んできましたが、今後は新築マンションの屋上にも、太陽光パネル設置が一般的になってくるかもしれません。

 太陽光発電パネルは、災害時の非常電源としても有効です。蓄電池のコストが下がれば、昼間発電した電気を蓄電池に貯めることで、災害時等の緊急時にも使用可能になります。


 今後、大規模修繕工事のバリューアップメニューに、屋上への太陽光発電パネルの設置と、集会室への蓄電池の設置が必須になるかもしれません。


 建物の「高断熱化」と「省エネ」・「創エネ」は、今後の住宅のメインテーマになるように思います。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示