• 快適マンションパートナーズ 石田

エレベーターのロープが切れたら?

更新日:9月15日



 マンション入居者からの質問で、「エレベーターのロープが切れたら、カゴの中の人はどうなりますか?カゴごと落ちて死にませんか?」という質問がありました。


 エレベーターは1年に1回は法定点検がされていますが、報告書を見ると、ワイヤーロープに赤さびが出ていたりした場合に、早めのロープ交換をお勧めします。等の文言が書かれている場合があります。


エレベーターのワイヤーロープの検査基準は以下の通りです。

・ある一定の幅で、その素線がどれだけ切れているのか。 ・使用しているワイヤーの直径を採寸し、新品と比較して90%まで細くなっていないか? ・ワイヤーにサビは無いか?


 確かに、エレベーターのワイヤーロープが万が一切れたらと考えると不安です。しかし、エレベーターには下記2つの安全対策が取られています。


安全対策1

 エレベーターのメインロープは2本あり、1本が切れても、もう1本で吊り下げられるよう設計されている。


それでも2本同時に切れてしまった場合


安全対策2

 非常止め装置というのですが、ロープが切れたり、なんらかの原因で、カゴの下降速度が定格以上のスピードになってしまった時に、レールを掴んでかごを停止させる事が出来る装置が設置されています。


 上記のようにエレベーターは2重の安全装置が設置されています。法定点検でワイヤーロープの交換を勧められても、上記内容を理解して、対応することが重要です。


閲覧数:8回0件のコメント