top of page
  • 執筆者の写真快適マンションパートナーズ 石田

エレベーターの交換工事について



 先日の相談会で、築30年近い7階建てのマンションの住民から、「エレベーターの交換工事が総会で1社のみの見積もりで税別1700万円で提案され決議されたが高くないか?」という質問がありました。

 エレベーターの交換工事では、現状設置されているメーカーのエレベーターで、交換の見積もりが提出されるのが一般的です。

 特に、日立エレベーターや三菱エレベーターの場合は、マンションの緊急時の遠隔監視も含めて、日立エレベーターや三菱エレベーターに依頼しているケースが多く、他のメーカーに変更するためには、緊急時の対応についても別途検討の必要があります。


 ただし、必ず同じメーカーのエレベーターに変更しなければいけないということではありません。

国内のエレベーターメーカーは大手5社(三菱・日立・東芝・オーチス・フジテック)ですが、これらの会社以外に独立系のエレベーターメーカーとしてSECエレベーター等のメーカーがあります。1000万円超の金額の工事であれば、管理会社の言いなりにならずに、独立系のメーカーからも見積もりをとり、比較検討をすることをお勧めします。

 価格は高くても安心の大手メーカー品を採用するのか?多少アフターサービスは不安でも、価格の安さを優先して独立系の商品を採用するのか?管理組合内でしっかり議論することが重要だと思います。

閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page