検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

マスターキー・逆マスターキー

最終更新: 2月16日



マスターキーとは

 「マスターキー」とは1本の鍵で、すべてのドアの開錠が出来る鍵のことです。ホテルの客室ドアや、事務所ビル等で使用されています。賃貸マンションでも、一般的にはマスターキーが作成され、管理会社やオーナーさんが所有しています。

 分譲マンションは、各戸のオーナーさんが部屋を所有しており、「マスターキー」は作成されません。便宜的に工事中のみ使用可能な、「工事用マスターキー」を使用しますが、正規の鍵を、鍵穴に差し込んだ時から、工事用マスターの鍵では開錠できないシステムになっています。


逆マスターキーとは

 一方「逆マスターキー」とは、入居者すべての鍵で開錠できる錠前のことです。マンションでは、エントランスの集合玄関機の鍵穴や、駐車場等の通用口のドアの鍵穴が「逆マスターキー」になっています。ゴミ置場や駐輪場出入口等にも、「逆マスターキー」が設置されているケースもあります。分譲マンションには「逆マスターキー」は存在しますが、「マスターキー」は存在していません。


鍵交換時の注意点

 鍵の紛失や、防犯性アップのために、今の部屋の鍵の交換を考えているのであれば、この「逆マスター」のキーシステムに対応している必要があります。逆マスターキーを考慮せず、勝手に錠前を交換した場合には、新しい鍵では、エントランス等の共用部の開錠ができなくなり、共用部を開錠するための古い鍵と玄関ドアを開錠するための新しい鍵の2つの鍵を持つ必要があります。交換する錠前が逆マスターに対応可能かどうかの確認を、鍵会社に行う必要があります。


 また、この逆マスターキーシステムは、数に限りがあります。鍵メーカーに以前聞いた話では、近隣のマンションでは、同じ逆マスターキーシステムは使用しないそうですが、全国各地の他のマンションで、同じ逆マスターのキーシステムが使用されているケースもあり、他のマンションの鍵で、オートロックが開錠できるケースもあるそうです。(真偽のほどは定かではありませんが、遠方に住んでいた親類が、自分の鍵でマンションのオートロックが開き、問題になったという話も聞いたことがあります。)


通用口ドアの錠前交換のすすめ(ラッチホールドタイプ)

 古いマンションで使われている逆マスターキーは、ドアノブが固定されており、鍵を回しながらドアを開ける必要があります。ドアノブと鍵の両方をもって操作する必要があり、両手でドアを開ける必要があります。無理に片手で開けようと、鍵穴を引っ張るケースが多く、故障も発生しやすくなります。

 最近のマンションでは、鍵を鍵穴に差し込んで廻すと、ドアを閉めるまでラッチが引っ込んだままになり、鍵を抜いてからドアノブを持ってドアをあけるタイプが主流となってきています。(ラッチホールドタイプ)このドアであれば、片手でドアの開閉が可能です。


 ラッチホールドタイプに変更すると使い勝手が劇的に良くなります。価格的にも数万円程度で交換可能ですので、是非検討してみてください。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示