• 快適マンションパートナーズ 石田

マンションを長期間留守にすると下水の臭いが

更新日:10月28日



 マンションを長期間留守にした後に室内に入ると部屋中に下水の臭いが充満していることがあります。原因はトイレ・洗面所・浴室・洗濯機排水・キッチンの各排水口に設置しているトラップの封水が蒸発して、下水の空気が部屋中に充満するためです。

 排水トラップとは下図のような形状のもので、排水の途中に必ず設置されています。このトラップの中にある水を封水といい、この封水があるおかげで、下水管の中の空気が部屋内に漏れるのを防いでいます。ところが長期間部屋を留守にすると、この封水が蒸発し、部屋中に下水管の臭いが充満します。



 対策としては、上から水を流し、再度トラップ内に水をためることです。長期間留守にしていた場合は窓を開けるとともに、各水回りの水栓から水を流し、トラップ内に再度水をためることで、下水管の臭いが部屋中に充満しなくなります。

 ネットを見ると、部屋中が臭くなったのを、下階の住人の嫌がらせだと誤解し、怒鳴り込んだとの記事もありましたが、大きな誤解です。


 建築の専門家でないと、トラップや封水という言葉も聞いたことがないと思いますが、参考にしてください。

閲覧数:5回0件のコメント