top of page
  • 執筆者の写真快適マンションパートナーズ 石田

マンション管理員は女性の方が適任

更新日:5月15日



 私の住んでいるマンションの管理員さんは代々女性です。管理会社によっては、女性よりも男性の管理員を主体に採用している管理会社もあるようです。日頃の業務で多くのマンションに伺っていると、管理会社によって、男性管理員が多い会社と、女性管理員が多い会社に分かれます。

 個人的には、女性の管理員さんのほうが、コミュニケーション能力が高く、住民の受けも良いように思います。日頃の挨拶一つとっても、男性だととっつきにくいとか、いつもムッとしていると、取られることが多いですが、女性だと、入居者の女性と仲良くなるケースも多いです。たまに、井戸端会議が長くなり、仕事がおろそかになるケースもあるみたいですが・・・


 日頃の業務も、敷地内の清掃・設備の点検・訪問客や業者の対応・お知らせ掲示・投函・管理会社への報告・トラブルの状況把握等、それほど体力も必要とせず、難解な業務は管理会社や専門業者に依頼できるため、未経験の方でも安心して始められます。


以下は、女性がマンションの管理員になる際のメリットです。

  1. 家事と両立しやすい: マンション管理員の勤務時間は柔軟で、家事との両立が可能です。

  2. 体を動かせる: 敷地内の清掃や巡回で運動不足を解消できます。

  3. 経済的な不安を軽減: 定年退職後でも働けるため、老後の収入源として安心です。

  4. 定年退職後でも働きやすい: 特別なスキルを必要としないため、退職後からでも問題ありません。

  5. やりがいを感じられる: 居住者の相談に応じることで、やりがいを感じられます。

 いままでは、定年退職後の男性の第二の職業として、マンション管理員は人気でしたが、定年延長の影響もあり、男性の採用数が減っています。

 女性のほうが高齢で元気な方も多く、女性が活躍できる場として、女性管理員の募集を、管理会社ももっと積極的に働きかけて欲しいと思います。


閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page