top of page
  • 執筆者の写真快適マンションパートナーズ 石田

大規模修繕工事の工期は重要?

更新日:2023年9月15日



 新築工事と比べると、大規模修繕工事の工期はそれほど重要ではないのでは?と思う時が時々あります。


 確かに、バルコニー全面に足場がかかりメッシュシートが設置されると、いつも曇りのようで気分が滅入りますし、工事中の騒音や、駐車場の移動等、出来るだけ早く終わって欲しいと思うことは良くあります。

 また入居者の中には、受験生がいるので冬場の工事は止めて欲しい。とか夏場は窓が開けられないので避けて欲しいという意見もあり、全員の意見を聞いていたら工事する時期がないということもあります。

 住みながらの工事なので様々なストレスはありますが、ずっと住み続けているため、新築工事のように、建物が完成しないと引っ越しできないというような重大さはありません。

 新築工事だと、3月中に完成させないと、引っ越しや転校が出来ない。とか、店舗や事務所が完成しないと営業できない等の被害が甚大で、場合によっては工事遅延による営業補償を求められるケースもあります。

 新築工事の場合は、工期が間に合わないと徹夜で工事することもありましたが、大規模修繕工事では、住民が住んでいるので、夜間や休日には工事ができません。また、入居者もそこまで無理して、工期を守るよりは、丁寧な工事をしてくれることを望む傾向にあります。


 元建設会社の社員としては、やはり新築工事に比べると、大規模修繕工事の方が、工程管理は楽だと思います。

閲覧数:8回0件のコメント

コメント


bottom of page