検索
  • 快適マンションパートナーズ 石田

排水管洗浄について

最終更新: 7月12日



 マンションの排水管の詰まり防止を目的で実施される排水管洗浄ですが、実施頻度は何年毎がいいですか?と良く聞かれます。ネット等で調べると、年1回程度行うことが推奨されていますが、私の過去の経験から言えば、2~3年に1回程度でも問題ないのではと思います。ただし、キッチンにディスポーザーの設置されたマンションでは年1回の排水管洗浄をお勧めします。


排水管洗浄とは

 排水管洗浄は配管の詰まりを防ぐことや悪臭を防ぐことを目的に、キッチン・洗面所・浴室・洗濯機の「雑排水管」の洗浄を行います。これらの排水管には、「油や洗剤・食品くずの混じった排水」や「体の皮質分や毛髪・石鹸カス等の混じった排水」・「洗剤や衣類の汚れの混じった排水」等が流され、排水管の内部には少しずつ汚れが付着していきます。そのまま放置しておくと汚れと油脂分が混じりあって固形化し、排水管を詰まらせたり、悪臭の原因になったりします。

 ちなみに、トイレの配管は雑排水管よりも口径が大きく詰まりにくいため、排水管洗浄は行いません。排水管の洗浄方法としては、高圧洗浄が一般的です。


清掃する場所は

 洗浄は「共用配管」と「専用配管」の2つに分けて清掃します。

 「共用配管」とは、各住戸を縦につないでいる排水竪管です。この部分が詰まると、同じ縦系列のすべてのお部屋の排水が流せなくなるので、マンションにとっては一大事です。一般的に縦配管が詰まるケースは少ないですが、1階がピロティになっている天井裏や、1階住戸の床下で、縦配管から横引き配管に切替わる部分で排水管が詰まるおそれがあります。排水管洗浄では建物の外部にある排水桝まで確実に清掃することが重要です。

 「専用配管」は各部屋内にある共用竪管まで間の横引き配管です。「専用配管」の洗浄は住戸内に立入り、キッチン・洗面化粧台・洗濯パン・浴室の各排水口から、高圧洗浄ホースを差し込み洗浄します。特に洗濯パンの洗濯機の下に排水管があると、洗濯機を持ち上げないと排水管洗浄が実施できないため、最近は排水管洗浄が可能なように、洗濯機を設置しても、床下空間のとれる洗濯パンもあります。最近のドラム式洗濯機は重量もあり、簡単に移動できないため、この足つき洗濯パンがあると重宝します。


 先日も、「住民が不在で何年も排水管洗浄が実施できていない部屋があるが、マンションの排水管は大丈夫か?」という質問がありましたが、部屋内に入室しての排水管洗浄は、「専用配管」の洗浄で、そのお部屋の横引き管の洗浄です。洗浄が実施されず詰まりが発生してもそのお部屋だけの問題であり、マンション全体の共用竪管の詰まりには関係ありません。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示